徹底解説!人気塾の秘密

>

授業のスタイルが人気!?

ライバル意識で高めあえる集団スタイル

塾の指導スタイルは大きく分けて2つあります。
1つの教室に2~30人を集めて授業を行う集団授業スタイルと、少人数もしくは個別で授業を行うスタイルです。
まずは、集団授業スタイルを見ていきましょう。

集団授業スタイルを取っている塾は大手によく見られます。
小学校から高校まで、全ての学年に対応した塾を展開しています。
集団授業スタイルの場合、一緒に勉強する友達の存在が子供たちに大きく影響します。
クラスでの自分の学力の位置を確かめることができますし、頑張っている友達の姿を見て刺激をもらい、自分もと自ら勉強に取り組めるようになる子もたくさんいます。
受験などでは特に、自分の位置を把握しあとどの教科がどれくらい足りないのかを早めに見つけることがカギとなりますから、常に順位やクラス変動のある集団授業スタイルの塾では、勉強しなきゃという意識を持たせるには最適です。

生徒に合わせて指導する個別指導と少人数制

一方で、少人数制や個別指導の塾というのもあります。
少人数制の場合は1~6人程度の生徒に対して1人の先生が指導を行います。
個別指導はその名の通り、1対1での授業を行うスタイルです。

これらのスタイルの最大の強みは、生徒一人一人に合わせた指導を行えることです。
生徒ごとにカリキュラムを作成してくれるので、本当に子供に合った指導を行ってくれます。
きちんと計画性をもった授業を受けることができることが評価され、最近ではとても人気が高まっています。
しかもこれらの塾では、カリキュラムを作成するにあたり本人や保護者との面談の機会を多く設けています。
心配なことや悩み事があれば、親身になって対応してくれるので、安心できるという点も人気の秘密のようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る