徹底解説!人気塾の秘密

>

どうして塾に通うのか

個人に合わせた徹底指導

塾に通う目的として、第一に挙げられるのが成績をあげることであるというのは既にお話しました。
もちろん最終的には子供が自分で学習リズムを身につけ、取り組んでいかなければならないことですが、そのプロセスを支えるのはやはり講師の指導力です。

最近人気のある少人数制もしくは個別指導塾の場合、生徒一人一人に合わせた独自のカリキュラムや、テキストを使用します。
志望校合格を見据えて、個人のレベルやいつまでに何点取れるようにする、といった計画を綿密に立ててくれるのです。
生徒と先生の距離が近いからこそ、親身になって子供のことを考えてくれます。
しかもそういった塾の場合は先生の指導力も高いことが多いため、安心して預けることができるのです。

生徒に向けた授業

学習塾でよくある事例としては、先生が黒板もしくはホワイトボードなどに向かって話しながら授業をすることです。
当たり前ですが生徒は先生を見て授業を受けます。
その先生が黒板に向かっているのでは、どんなに分かりやすく解説をしていても子供たちには伝わってきません。

大人数を一度に教えるのではなく、個別で指導していく場合は、生徒と向き合う時間が圧倒的に多いため、生徒側も授業を受けようという気持ちが生まれます。
大人数で授業を受けると集中できない、というタイプの子にとっては、勉強をする環境がそれだけで整うということです。
またこのような指導方法を取っている塾の多くは、指導研修をきちんと行った上で授業をしている先生たちばかりですから、その高い指導力をもってきめ細かく指導してくれます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る